九州産ふくゆたか大豆使用の飲み物の調整豆乳

九州産の「ふくゆたか大豆」を使用して作られた調整豆乳が「ふくれん」から発売されています。
九州産の「ふくゆたか大豆」というのは、高タンパク質で濃厚な味を持つ大豆で、
豆腐作りによく使われているそうです。
「ふくれん」の調整豆乳は、大豆の風味をそのまま残すため、香料は使用せず、
水あめ、三温糖、食塩で、大豆の旨味を引き出しているそうです。
一般的な調整豆乳は、大豆固形成分が7パーセントであるが、
「ふくれん」の調整豆乳は、大豆固形成分が9パーセントの豆乳濃度になっており、
濃い調整豆乳になっています。
しかし、9パーセントという濃度にもかかわらず、あっさりとしていて飲みやすいのが特徴だそうです。
そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved