豆乳プリンのゼラチン

豆乳プリンに使われているゼラチンとはどういうものなのでしょうか?
ゼラチンというのは、ぜりーやプリンなどの材料としてよく用いられていますが、
カメラのフィルム、医薬品のカプセル、接着剤にも使用されています。
豆乳プリンに使うゼラチンは、動物性のタンパク質からできているものです。
動物の体の中の繊維状のタンパク質のコラーゲンは、長い時間水と加熱すると、
ある温度で水に溶けるようになり、これがゼラチンになります。
ゼラチンは動物性タンパク質からできているので、カロリーがあり、
栄養もあるので、美容と健康に良いものとして注目されているそうです。
また、ゼラチンは常温で溶けるので、ゼラチンを入れて作った食べ物は、
消化吸収がよいので、他の食べ物の吸収を助ける働きがあり、
口どけがよく柔らかいので、介護用食品としても用いられているそうです。
そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved