豆乳鍋のおいしい食べ方

豆乳鍋は栄養のバランスの良い食べ物だと注目されていますが、
おいしく食べるコツがいくつかあるようです。
豆乳鍋を煮込むときは、弱火でコトコトじっくり煮込ことによって青臭みをなくし、
煮立てすぎには注意する。
豆乳鍋に入れる食材は、塩分が少ないものを選び、細かく切ったり、あらかじめ火を通しておくなど、下ごしらえをしておくと、火が通りやすくなり、汁をよく吸収しておいしくなります。
また、豆腐や厚揚げなどの大豆加工品は相性が良いので豆乳鍋に向いているようです。
豆乳鍋の味付けは、豆乳とだし汁の割合を1対1にして、キムチや味噌で味付けをしてもおいしいようです。
このように煮込み方や、食材、味付けの工夫をすると、豆乳鍋がさらにおいしいものになります。
そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved