美容に良い豆乳ローションの作り方

美肌、脱毛など美容のために使われる豆乳ローションの作り方を紹介します。
美容に使われる豆乳ローションの材料は、豆乳、レモン、消毒用エタノールです。

豆乳ローションに使う豆乳は、必ず成分無調整のもので、
大豆固形分が8パーセント以上のものがよういようです。
大豆固形分が高濃度なほどよいようそうです。
豆乳ローションの作り方は、はじめに、レモンの果汁を絞ります。
レモンの皮には、シミの原因のソラレンが含まれているので、
皮ごと絞るのではなく、絞り器で絞るほうがよいようです。
つぎに、豆乳をなべに入れて、弱火にかけ、絞ったレモン汁を入れます。
火からおろし、消毒用エタノールを加えてかき混ぜます。
それをキッチンペーパーやさらしなどでこして、清潔な容器に移して、
粗熱をとったあとに冷蔵庫で保管します。
豆乳ローションを冷蔵庫で保管する際は、1週間くらい保存ができます。
また、冷凍保存する場合は、小分けにして半年くらい保存ができるそうです。

そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved