豆乳ダイエットにおける温かい豆乳の飲み方

豆乳ダイエットにおける、温かい豆乳の飲み方にも、いろいろあるようです。
そのまま温めて豆乳を飲む時には、砂糖やはちみつを入れしまっては、ダイエットの意味がなくなってしまいます。
そこで、コーヒーと牛乳で作るカフェラテの牛乳を豆乳に変えることで、コーヒーの味わいがあり、かつあっさりした風味になります。
牛乳のようなこってりさがない、この豆乳カフェラテは、温かい豆乳の飲み方としてはおすすめです。
また、カップに温かい紅茶を注ぎ、そこへ温めた豆乳を注ぐと、コーヒーとはまた風味の違う、豆乳ミルクティーになります
お好みでしょうがを少し入れると、新陳代謝もよくなって、体が温まります。
豆乳ダイエットにおける、温かい豆乳の他の飲み方として、豆乳プラスココアではポリフェノールと食物繊維、豆乳プラスプロテインでは朝食がわりの栄養を摂ることができたり、豆乳プラスきな粉では大豆の栄養をきな粉からも摂取できることや、使い切れない残り物のきな粉が使用できるなど、それぞれの長所があるので、
これでなければいけないということはありません。
その日の気分や、自分に合った味を見つけてみてください。 そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved