豆乳の原材料大豆の歴史

豆乳の原材料である大豆の歴史は、約4000年前に中国で始められた野生種大豆の栽培だと考えられていますが、その他の説もあります。
豆乳の原材料の大豆の原産地は、中国東北部からシベリアとの説があります。
日本では弥生時代にすでに栽培されていたとされており、古事記にも記載されているので約2000年くらいの歴史になるのでしょうか。
奈良の都の人々は豆乳の原材料である大豆を使った加工品豆腐や味噌を食べていたといいますから、奈良時代に大陸から仏教などの知識と大豆の加工品やその製造法が伝えられたのでしょう。
そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved