調整豆乳と豆乳飲料

調整豆乳と、豆乳飲料の違いはいったいどこにあるのでしょうか。
調整豆乳とは、原材料の大豆・大豆固形分が6%以上(大豆タンパク質換算3.0%以上)の豆乳のことをいいます。
特に調整豆乳は、糖分・着香料などが加えられており、無調整豆乳に比べて飲みやすいという特徴があります。
一方、果汁入り豆乳飲料とは、原材料の大豆・大豆固形分が2%以上(大豆タンパク質換算0.9%以上)の豆乳のことをいいます。
また、果汁入りではない豆乳飲料は、原材料の大豆・大豆固形分が4%以上(大豆タンパク質換算1.8%以上)の豆乳のことになります。
豆乳飲料は、調整豆乳に比べて、果汁や抹茶・コーヒーなどが加えてあるので、ジュースやドリンク感覚で飲むことのできる、誰にも身近な豆乳飲料です。 そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved