豆乳の栄養素「銅」

豆乳の栄養素のひとつである銅は、筋肉や骨、肝臓に多く存在します。
ヘモグロビンと鉄を結合させる、豆乳の栄養素のひとつである銅の不足は、貧血の原因のひとつとなり、また、疲れや動悸、息切れを起こす原因となります。
活性酸素により身体が酸化されることによる、老化現象を抑える抗酸化酵素の成分が、豆乳の栄養素のひとつである銅なのです。
抗酸化酵素は細胞を守り、動脈硬化や心筋梗塞などを防ぐのに役立ちます。
豆乳の栄養素のひとつである銅の、過剰摂取による症状の心配はありませんが、銅の容器で酸性食品を保存したり、銅鍋での酸性食品の調理により、高濃度の銅が体内に溶け出し、中毒を起こすことがありますので、注意が必要です。 そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved