豆乳の栄養素「亜鉛」と味覚障害

豆乳の栄養素のひとつである亜鉛と、味覚障害とはどのような関係があるのでしょう。
豆乳の栄養素のひとつである亜鉛の働きのひとつとして、味覚を正常に保つことがあります。
正常な味覚は、舌にある味蕾(みらい)という器官で、細胞の新陳代謝を繰り返すことですが、亜鉛不足が原因となることで、細胞の新陳代謝が滞ってしまいます。
これが、若い世代を中心に年々増加している味覚障害の、原因のトップといわれています。
このような味覚障害を予防するためには、日頃から意識して、豆乳を始めとする亜鉛を含んだ食物を、多く摂取することが必要です。 そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved