豆乳の栄養素「カリウム」

豆乳の栄養素のひとつであるカリウムは、バナナやスイカ、りんごなどの果物にも多く含まれるミネラルで、水に溶け出してしまうので、煮る・茹でるなどの調理で失われることが多い栄養素です。
豆乳の栄養素のカリウムは、血球・細胞に多く含まれ、細胞内の浸透圧・酸アルカリ平衡を維持するために重要な働きをしています。
また、豆乳の栄養素のひとつ、カリウムを摂ることでナトリウムを排泄する働きがあり、高血圧などの予防になります。
ただ、カリウムは使われなければ尿と一緒に排泄されてしまうので、十分に摂取するよう心がけたいものです。
そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved