豆乳の栄養素「リン」

豆乳の栄養素のひとつであるリンは、骨と歯を形成しエネルギーを産出する役割があり、ミネラルの一種です。
カルシウムの次に体内に多く存在する、豆乳の栄養素のひとつであるリンは、摂取したうちの80%はカルシウムと結合し、骨や歯を形成しています。
加工食品を利用することの多い現代人は、リンを過剰に摂取している可能性があるといわれていますが、なぜならば、豆乳の栄養素の一つであるリンは、食品添加物として清涼飲料水やスナック菓子、加工食品に使用されているからです。
また、豆乳の栄養素のひとつであるリンのもうひとつの必要性は、エネルギーの産出という役割で、リンの細胞内で高エネルギーリン酸化合物として存在することで、エネルギーを貯えることにあります。
体内におけるリンの不足の可能性は低いのですが、もし不足した場合は、疲労や筋力低下などの症状が考えられます。 そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved