豆乳の栄養素「脂質」の一種「レシチン」

豆乳の栄養素の脂質の一種であるレシチンは、ギリシャ語で卵黄を意味する「レシトース」から由来している言葉で、別名リン脂質とも呼ばれるものです。
豆乳の栄養素、脂質の一種であるレシチンは、油と水を乳化させる作用があり、血管の壁に付着した悪玉コレステロールを、減少させる働きをもっています。
生命の基礎物質である、豆乳の栄養素のひとつ、レシチンは、必要な栄養分を吸収し、不要な物質を排泄するという出入口の役目を、人体すべての細胞の中で行っている、大変重要な栄養素です。
市場においては、卵黄を原料としたものは卵黄レシチン、大豆を原料としているものは大豆レシチンと区別されています。 そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved