豆乳の栄養素「脂質」に含まれる「リノール酸」

豆乳の栄養素のひとつである脂質に含まれているリノール酸は、不飽和脂肪酸のひとつで、必須脂肪酸です。
リノール酸は、ベニバナ油(サフラワー油)やコーン油に代表される植物油に多く含まれており、血中の善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロール値や
中性脂肪値を一時的に低下させる働きがあるので、適量の摂取であれば、動脈硬化の予防に有効です。
しかし、豆乳の栄養素のひとつ、脂質に含まれるリノール酸を過度に摂取すると、アレルギーを悪化させるだけでなく、大腸がんなどのリスクを高めてしまう恐れがありますので、摂取しすぎないよう、注意が必要です。 そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved