豆乳の栄養素「脂質」

豆乳の栄養素のひとつである脂質は、豆腐を含む大豆製品の中に多く含まれており、人間にとって不可欠なエネルギー源です。
飽和脂肪酸の比率が高く、コレステロールを含む動物性脂質に対し、豆乳の脂質はコレステロールをあまり含まない不飽和脂肪酸で、、成人病予防などの効果が期待できることから、人間の体にとって良い脂質であるとといわれています。
豆乳の栄養素の脂質は、不飽和脂肪酸が8割以上を占め、そのうち必須脂肪酸であるリノール酸が5割強、リノレン酸が1割弱という、不飽和脂肪酸の比率が高いのが
特徴です。
また不飽和脂肪酸は、豆乳の栄養素のひとつであるタンパク質と同じように、機能性食品といわれています。 そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved