豆乳の栄養素「オリゴ糖」とビフィズス菌

豆乳の栄養素のオリゴ糖には、腸内細菌のビフィズス菌を増殖させるためのエサとなる働きがあります。
腸内には、体に良い働きをする善玉菌と悪い影響を与える悪玉菌が存在しますが、ビフィズス菌は最も優秀な善玉菌のひとつです。
豆乳の栄養素であるオリゴ糖で増殖するビフィズス菌は、腸内細菌の中で最も優秀なものですが、発ガン物質を分解したり、細菌性下痢の予防と治療、ビタミンB群の
産出などの働きをします。
このように、腸内にビフィズス菌が増えることによって、毎日の健康維持につながるのです。
豆乳に含まれる栄養素、オリゴ糖を欠かさず摂取して、ビフィズス菌を増加させていきましょう。 そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved