豆乳の栄養素

豆乳は、タンパク質、糖質、骨粗しょう症に効果的なカルシウム、ミネラルも豊富で優れた栄養価をもってます。

そいっち

豆乳の栄養素一覧

豆乳の栄養素「オリゴ糖」とビフィズス菌
豆乳の栄養素のオリゴ糖には、腸内細菌のビフィズス菌を増殖させるためのエサとなる働きがあります。 腸内には、体に良い働きをする善玉菌と悪い影響を与える悪玉菌が存在
豆乳の栄養素「ブドウ糖」は重要なエネルギー源
豆乳に含まれる栄養素のひとつ、単糖類のブドウ糖は、脳の活動を維持するのに重要な、唯一の栄養素であり、また脳のエネルギー源にもなります。 しかし、ブドウ糖は脳には
豆乳の栄養素「炭水化物(糖質)」の「セルロース」
豆乳のに含まれる栄養素のひとつ、炭水化物(糖質)のセルロースは、植物細胞の細胞壁の主成分で、地球上で最も多く存在する高分子です。 また、セルロースは、繊維素とも
豆乳の栄養素「炭水化物(糖質)」の「セルロース」と「バクテリアセルロース(バイオセルロース)」
豆乳のに含まれる栄養素のひとつである炭水化物(糖質)のセルロースは、植物の主成分で、一方バクテリアセルロース(バイオセルロース)は、微生物が作るセルロースという
豆乳の栄養素「脂質」
豆乳の栄養素のひとつである脂質は、豆腐を含む大豆製品の中に多く含まれており、人間にとって不可欠なエネルギー源です。 飽和脂肪酸の比率が高く、コレステロールを含む
豆乳の栄養素「脂質」に含まれる「リノール酸」
豆乳の栄養素のひとつである脂質に含まれているリノール酸は、不飽和脂肪酸のひとつで、必須脂肪酸です。 リノール酸は、ベニバナ油(サフラワー油)やコーン油に代表され
豆乳の栄養素「脂質」の一種「レシチン」
豆乳の栄養素の脂質の一種であるレシチンは、ギリシャ語で卵黄を意味する「レシトース」から由来している言葉で、別名リン脂質とも呼ばれるものです。 豆乳の栄養素、脂質
豆乳の栄養素「脂質」の一種「レシチン」の成分「コリン」
豆乳の栄養素脂質の一種、レシチンの約3分の1の成分を占めるコリンは、神経伝達物質であるアセチルコリンの基になる物質で、記憶や学習に強く関係しているものです。 卵黄
豆乳の栄養素「カルシウム」
豆乳の栄養素のひとつ、カルシウムは、丈夫な骨と歯をつくるために必要な栄養素で、ミネラルの一種です。 しかし、カルシウム不足が続くと、骨の質が悪くなり、腰痛や肩こ
豆乳の栄養素「カルシウム」と骨粗鬆症
豆乳の栄養素のひとつであるカルシウムと、骨粗鬆症にはどのような関係があるのでしょう。 ご存知だと思いますが、骨密度の量が減って骨が弱くなる病気が骨粗鬆症で、ちょ
豆乳の栄養素「リン」
豆乳の栄養素のひとつであるリンは、骨と歯を形成しエネルギーを産出する役割があり、ミネラルの一種です。 カルシウムの次に体内に多く存在する、豆乳の栄養素のひとつで
豆乳の栄養素「マグネシウム」
豆乳の栄養素のひとつであるマグネシウムは、カルシウムとともにその70%がリン酸マグネシウムとして骨や歯に存在し、その他、筋肉にはカルシウムの3~5倍が含まれ、また、
豆乳の栄養素「カリウム」
豆乳の栄養素のひとつであるカリウムは、バナナやスイカ、りんごなどの果物にも多く含まれるミネラルで、水に溶け出してしまうので、煮る・茹でるなどの調理で失われること
豆乳の栄養素「鉄」
豆乳の栄養素のひとつである鉄は、鉄不足による貧血という症状が良く知られているように、血液との関係がとても深いミネラルで、赤血球のヘモグロビンや、筋肉のミオグロビ
豆乳の栄養素「鉄」と貧血
豆乳の栄養素のひとつである鉄と、貧血との間には、密接な関係があることは皆さんもご存知だとは思いますが、具体的にどのような関係があるのでしょうか。 一般に貧血とい
豆乳の栄養素「亜鉛」
豆乳の栄養素のひとつである亜鉛は、DNAやタンパク質の合成に関与している、広く細胞全体に存在するミネラルです。 鉄と同じくらいの量が必要と考えられている亜鉛ですが、
豆乳の栄養素「亜鉛」と味覚障害
豆乳の栄養素のひとつである亜鉛と、味覚障害とはどのような関係があるのでしょう。 豆乳の栄養素のひとつである亜鉛の働きのひとつとして、味覚を正常に保つことがありま
豆乳の栄養素「銅」
豆乳の栄養素のひとつである銅は、筋肉や骨、肝臓に多く存在します。 ヘモグロビンと鉄を結合させる、豆乳の栄養素のひとつである銅の不足は、貧血の原因のひとつとなり、
豆乳の栄養素「銅」と抗酸化酵素
豆乳の栄養素のひとつである銅と抗酸化酵素には、どのような関係があるのでしょう。 抗酸化酵素には、SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)、グルタチオンペルオキ
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved