豆乳に含まれる栄養素「タンパク質」を構成する「アミノ酸」の「リジン」

豆乳に含まれる栄養素・タンパク質の一つである「アミノ酸」の「リジン」は、牛乳から発見された、食品から摂取しなければならない必須アミノ酸で、動物性タンパク質から摂取する必要があります。
リジンは、肝機能向上や疲労回復、成長促進作用、集中力向上に効果があるとされていて、牛乳や大豆だけでなく、卵黄やしらす干し、マグロ、チーズなどの食品に
含まれています。
また、豆乳に含まれる栄養素であるリジンは、ブドウ糖の代謝促進やカルシウム吸収促進など、体の成長に重要な働きをしますから、特に子どもの成長には必要な
栄養素です。 そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved