豆乳の栄養素「タンパク質」とは?

豆乳の栄養素タンパク質とは、L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつです。
よく耳にするプロテインと、同じものですね。
タンパク質を漢字表記した時の「蛋白質」の「蛋」の字は「卵」と同じ意味で、その由来としては、卵白がタンパク質を主成分としていることによります。
また、タンパク質の生体における機能は多種多様で、特異的な結合によって、実に多くの機能を発揮する、優れた栄養成分といえるでしょう。
タンパク質は、炭素・酸素・窒素・水素を必ず含んでおり、栄養素として含まれる必須アミノ酸の構成比率によって優劣がありますが、豆乳に含まれるタンパク質は、
優秀=良質であるといえるでしょう。 そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved