豆乳の「トリプシンインヒビター」

豆乳に含まれるトリプシンインヒビターは、すい臓自体を強化(血糖値を下げるインスリンを分泌する細胞を増加し、インスリンの分泌を良くする)する働きがあるといわれています。。
このようなことから、トリプシンインヒビターは、糖尿病治療の一つとして注目を浴びている、豆乳の栄養素の一つです。
酵素の一種であるトリプシンインヒビターを糖尿病治療に用いるには、酵素自体が熱に弱いため、短時間・低温で煮出しをして、作りたての煮汁を飲むという方法もあります。
そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved