豆乳の栄養素「大豆サポニン」

豆乳の栄養素の一つである大豆サポニンは、活性酸素を抑制することにより、成人病や老化防止効果の機能が注目されている栄養素です。
また、大豆サポニンには肥満防止の作用もあり、栄養を吸収する働きのある、腸の内壁にある絨毛を収縮するとされています。
大豆サポニンなどの摂取により、絨毛が細く正常化すれば、栄養分を過剰吸収しなくなるというわけで、ダイエットに最適なのです。
その他の大豆サポニンの機能として、老化のもとになる脂肪酸の酸化を防ぐことや脂肪の蓄積を防ぐこと、血栓の予防、脂肪の蓄積を防ぐこと、また、腸を刺激して便通をよくすることなど、たくさんの働きを持つ栄養素なのです。 そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved