豆乳の栄養素「ビタミン類」

豆乳の栄養素の一つである、ビタミン類のビタミンB群は、脳や神経のエネルギー源となります。
しかし、ビタミンB1が不足すると、エネルギーの代謝が悪くなり、疲れやすくなるだけではなく、動悸などといった症状が出てきます。
また、集中力の低下や、イライラなどの症状が生じます。
豆乳に含まれるビタミンB群の中には、葉酸があり、遺伝物質であるDNAやRNAを構成する核酸の合成に必要な栄養素です。
この葉酸が不足すると、貧血の原因になるといわれており、ビタミンB12の生成とも密接な関係を持っているのです。
また、豆乳の栄養素のビタミン類には、ビタミンEも含まれています。
ビタミンEは老化防止に効果があるといわれ、逆に不足するとしみができたり、血行が悪くなったりして、いろいろな症状が出てきます。
そいっち
Copyright © 2006 豆乳まるわかりファミリー講座. All rights reserved